2013年10月27日

家庭用の津波シェルターが静岡や高知で人気化。消費税の要因も



静岡の防災ブロガーさんのブログより、静岡県や高知県で、とある理由で津波シェルターが売れているという話。

・・・・・

1989年の消費税(3%)導入以来の大規模な増税となる、2014年4月1日からの消費税率の引き上げ。

消費税率が5%から8%に引き上げられ、数兆円の増税になるらしい。

テレビや新聞では、自動車、新築マンションなど、高額の商品の駆け込み需要の様子が、連日報道されている。

しかしそれとは別に、今、ひそかに人気が急上昇している「ある商品」をご存じだろうか?

地震や津波から身を守る、家庭用の「津波シェルター」である。

・・・・・

お客さん:「これ、いくらですか?」

スタッフ:「はい、本体が50万円と、それと消費税になります」

お客さん:「え!? 50万円!? そんなに安いの?」

スタッフ:「はい・・・」


・・・・・

こんな景気の良いやり取りが、10月月初、都内の某所で頻繁に行われていた。

昨年末からのアベノミクス景気で、日経平均株価は大きく上昇した。

しかし私たち庶民の日常は、まだ不景気から抜け出せていない、民主党政権時代のかつての日本のままである。

はたして、どこで、どんな商品が売れているのだろうか?


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


場所は、10月の涼しい風が吹く、東京臨海地区のイベント会場「東京ビッグサイト」。
開催されていたのは、東京都が主催する「危機管理産業展2013」という防災商品の見本市だ。
200社以上の企業が、非常食、地震警報機などの防災商品を出展。
防災商品の最新のトレンド情報をキャッチすることができる。

その中でもひときわ人気を集めていたのが、光レジン工業が出展する「津波シェルターひかり」のブースだ。
さきほどの会話は、このひかりのブースで聞かれていたものだ。

津波シェルターひかりは、FRPという強化プラスチック素材でできている。
一昨年、世界で初めてFRP製の防災シェルター「ノア」の開発に成功した光レジン工業が、ノアの弱点の補強と、さらなる性能向上を目指して研究に取り組み、2年の歳月をかけて完成させた、究極の防災商品だ。
(ノアは、株式会社コスモパワーと光レジン工業の共同開発であったらしい)

光レジン工業は、40年以上にわたって強化プラスチックの製造に取り組んできた。
その技術ノウハウは世界でも最高水準と言われており、同社代表の大野氏は、(社)強化プラスチック成形技能検定委会の委員長を13年間にわたって歴任するなど、業界内でもその信頼と知名度は高い。
そのせいもあって、シェルターひかりのブースには一般人だけでなく、多くの業界関係者やマスコミの取材が訪れ、同社スタッフは汗びっしょりになって終日対応に追われていた。
(同社提供の下の写真)
危機管理産業展の津波シェルターひかりのブース



40年間の技術ノウハウの集大成とあって、津波シェルターひかりの性能も、尋常ではない。
ひかりの直径は120センチ。大人が4人避難できる大きさだ。
シェルターの表面のプラスチック壁は、たったの「10ミリ」という薄さ。
その薄さで、なんと22トンの荷重をかけても潰れないという。
22トンと言えば、自動車20台分に相当する重さである。
(同社提供の下の写真)
津波シェルターひかりは自動車20台でも潰れない

津波シェルターひかりは22トンの重量に耐える



「地震で家が潰れると、数トンから10トン程度の瓦礫の下敷きになると言われています。当社のひかりは、それを遥かに上回る22トンの重量に耐えられるんですよ」
と、同社の野中部長からの説明があった。

驚異的な性能の秘密は、特殊な工法にあるという。
「L−RTM工法」という、真空圧着技術を用いた独自の特殊製法を用いて製造することで、薄いプラスチック板でも物凄い耐久力になるそうだ。

夕方になり、来客も少なくなってきたので、さきほどの野中氏にブースでじっくりと話を聞いてみることにした。

<以下、インタビュー内容>

▲ブロガー:
来場者の反応はどうでしたか?

△野中氏:
予想以上に多くのお客様が来てくださって驚いています。
商品の公開は、この10月の産業展と決めていましたが、今年からひかりのホームページを開設して、性能試験の結果を動画で公開したりしていたんですが、開設してすぐに多くの問い合わせがきて驚いたのを覚えています。
今日のこのイベントも事前にネットで告知していたので、多くのかたがそれを見てきてくださったのだと思います。

▲ブロガー:
ひかりを実際に見てのお客様の反応は?

△野中氏:
それが意外なんですが、こうやってブースにいらっしゃったお客様に、我々はひかりの防災性能について丁寧にご説明するんです。
耐久力22トンだから家が潰れても大丈夫だとか、軽量だから大人4人が入っても水に浮くから津波から避難できるんですよ、とか、内部の床面が回転してハッチを水面上に露出できるんですよ、とか・・・
しかしお客様の一番多かった反応は、性能よりも『価格50万円!?そんなに安いの!?』なんですよね。
これには私たちも驚きました。

▲ブロガー:
でも50万円て、やはり高いと思いますけど・・

△野中氏:
確かに50万円という値段そのものは高額です。
でもお客様は『こんなに本格的な防災設備が自宅に設置できて、それで50万円なんて安い!』という反応なんですよね。
防災に関心の高い方々は、私たちが思っている以上に綿密にコスト計算をされ、冷静に判断されるということがわかりました。
具体的には、まず合計が50万円で、そうすると家族4人で使うから1人あたり12万5000円で、さらに10年保証だから、1人1日あたりでは30円、さらに、最長50年保証だから、もし50年とすると、1人1日あたりたったの6円で、これは安い!とか・・・

▲ブロガー:
ちょっと待ってください、この商品、50年も保証なんですか!?

△野中氏:
はい、南海トラフ地震は、明日来るかもしれないですし、もしかしたら50年後かもしれませんよね。
いつ来るかわからないのですから、当然、一生ものとして使えるシェルターでないといけない、と私たちは考えています。
FRPは腐食、科学変化に非常に強い素材で、数十年持たせることが可能なんです。
途中で、扉ハッチ部分のゴムパッキンなど、劣化する部分は交換メンテナンスさせていただきますが、この本体のFRPは最長50年間保証です。

▲ブロガー:
消費税が来年から8%になりますけど、いつまでに注文すれば5%の税率ですか?

△野中氏:
9月頃から『消費税5%で買えるのはいつまで?』という問い合わせが増えてきました。
今日も何人もの方にも同じ質問をされました。
今のところ、注文いただいてから納品が来年の4月を超えてしまうことはないですから、消費税5%で代金をいただいています。
いつから8%にして販売するのか、業界や関係省庁の動向を見つつ、ガイドラインを決めてホームページ上で発表したいと考えています。

▲ブロガー:
プラスチックの薄さ10ミリというのは、薄すぎる気もするんですが、なぜこんなに薄くするんですか?

△野中氏:
はい、結論を申しますと、私たちは津波シェルターひかりを、南海トラフ地震の危険度の特に高い、関東、東海、近畿、四国、九州の太平洋岸のすべてのご家庭や企業、病院や施設に普及させたいと考えています。
そのためにこの2年間、あらゆる工夫をこらした結果、今のような姿のシェルターができあがった、という次第です。

▲ブロガー:
???話がよく理解できませんが、、、

△野中氏:
話が分かりにくくて失礼しました。
つまり、こういうことです。

まず、特殊工法と長年のノウハウにより、厚さ10ミリで耐久力22トンという十分な性能が実現しました。
次に、FRP(強化プラスチック)が薄いということは、材料費が抑えられますので、価格を抑えることができ、50万円という、一般家庭でも手の届く価格帯が実現できました。
さらに、材料費を抑えた分のコストを充てることで「国内ですべての部品を生産する」という(コストはかかるものの)品質面で理想的な製造体制が構築できました。

津波シェルターは「人の命を守る」商品ですから、品質が最優先です。
一部の業者は、シェルターを海外で生産をしているようですが、それで「人の命を守る」品質が保てるのでしょうか?津波シェルターに「完全・純国内生産」は外せない条件だと考えています。

さらに、弊社は神奈川県に自社工場があり、そこで製造していますので、すみずみまで品質の管理が行き届いています。

FRPが薄いことでもう一つの利点は、重量が軽いことです。
重量は80キロと、決して軽くはないですが、家庭にある冷蔵庫と同等の重さです。
人の力で搬入できますし、設置にあたって、床の補強工事などは基本的には不要です。

さらに言うとこの商品、間口の狭い住宅にも楽に入るよう、組み立て式タイプもあるんです。
直径120センチだと、通常の住宅のドアは70〜100センチほどですから、搬入できないケースがあらかじめ想定できました。
そこで、組み立て式を前提として開発されました。

▲ブロガー:
などほど・・・あらゆる工夫がされている、という意味がわかりました。
ありがとうございます。
最後に、消費税率アップを前に、いま津波シェルター購入を検討している方が多いと聞きましたが、「津波シェルターを選ぶ際のポイント」を3つ、教えていただけますか?

△野中氏:
いくつでもお教えできるんですが、たったの3つですか?
・・・わかりました。あえて3つ申し上げると・・・

一つ目は、製造や販売をしている会社自体が信頼できるか、ですね。
津波シェルターは買って終わりではなく、そこから数十年間のアフターフォローがあって初めて意味があるものです。
設立して間もない会社であったり、もしくは、歴史は長くてもFRP以外の事業がメインであったりする会社は、よく調べたほうがよいかもしれません。
業界内での評判も見ておいたほうがよいでしょう。弊社の場合には、代表の大野が、(社)強化プラスチック成形技能検定委会の委員長を務めていたりしますので、業界の各社の状況に精通しています。極端な話、ひかり以外の他社の商品について聞かれても、ある程度、的確なご回答ができると思います(笑)

二つ目は、どこで誰が作っているかが明らかになっているか、でしょうか。
さきほど申しました通り、海外生産には懸念をもっています。
また、実際の製造を他社に委託している場合も多くありますが、どこに委託しているのかが不明瞭なケースも多いです。
そうなると、弊社のように、自社工場ですべてを生産している企業、というのが、客観的にみても確実と言えそうです。

最後の三つ目は・・・そうですね、「情報の開示」がしっかりとしている会社の津波シェルター、ということでしょうか。
例えば、性能や価格にしても、弊社のように、パンフレットやホームページでちゃんと具体的に開示されているか、そして、性能の表示については、写真や動画、文章でその根拠も示されているか、という点に注意されたほうがよいと思います。
弊社もそれを意識していまして、さきほどの耐久力22トンを達成したときには、わざわざプレスリリースまで配信しているんです。おかげさまで60ほどのメディアに掲載していただきました。

▲ブロガー:
強引に3つにまとめてくださって、ありがとうございます(笑)
私も、個人的にも検討していこうと思いますので、よろしくお願いします。

△野中氏:
こちらこそ、よろしくお願いいたします。

<インタビュー内容 終わり>

非常に長いインタビュー記事となった。
消費税が5%⇒8%に上がると、本体価格が50万円であるから、値上げとしては約15,000円になる。早く買えばこの金額だけのメリットがあるのだから、気にする人が多いのも当然かもしれない。
しかし、改めて考えてみると、南海トラフ地震はいずれ来る、そして明日くるかもしれない、かなり「必然的な」災害なのだ。
そしてそれは多くの命を奪う国難なのである。
消費税アップどうこう言う以前に、こうした備えは早く手に入れる決断力が必要なのかもしれない。

◎参考URLの紹介

津波シェルターひかり 公式サイト
http://www.shelter-hikari.com/

光レジン工業株式会社 企業サイト
http://www.hikariresin.co.jp/

危機管理産業展(RISCON TOKYO)2013
http://www.kikikanri.biz/




posted by fundtarou at 17:11 | 地震や津波、防災シェルターの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月26日

【地震速報】津波注意報が岩手、福島、宮城、茨城、千葉県に発令中



気象庁は、午前2時10分頃に東北や関東で最大深度4の地震が起きたと発表した。

地震の規模を示すマグニチュードは7.1、地震の震源地は福島県沖で、震源の深さは地下10キロメートルとのこと。

【注意】津波注意報が福島県沿岸など広い地域に発令中だそうだ。

対象地域は、岩手県、宮城県、福島県、茨城県、千葉県九十九里、外房地域

高さはいずれも1メートルとなっている。

避難勧告が、岩手県大船渡市、釜石市に出されたようだ。

また、岩手県岩泉町、三陸町でも、高台に避難するよう避難勧告が出されたらしい。

第一波はもうすでに津波が到達している地域も多そうだ。

宮城県石巻鮎川で午前3時7分 30センチの津波が観測されたとさきほどニュースがあった。大船渡港、釜石港でも観測されたようだ。

しかし、津波は何度も押し寄せる可能性があるので注意が必要だ。

また、津波は強い力で人や家、車を押し流す力を持っている。これにも十分に注意が必要であろう。

海岸や川の河口付近には絶対に近づいてはいけない。海岸や海中にいる人はすぐに海岸からなるべく遠く離れるべきだ。

津波到達予想時間は2時40分。津波は、急に高くなることがあり、例え低い津波でも足を取られることがあるらしい。

好奇心で様子を見に行くなども、絶対にしないようにとテレビでも注意をよびかけている。

しかし、避難勧告が出て避難所に逃げようにも、お年寄りや子供がすぐに高台に避難できるわけではない。

今回は深夜で暗いこともあるし、今日のように台風の雨が激しい中ではなおさら避難所への避難は困難となるだろう。

こういうときのために、自宅に地震シェルターや津波シェルターを設置すべきではと思った。

・震度4
宮城県北部 宮城県南部
宮城県中部 福島県中通り 栃木県北部
栃木県南部

・震度3
石狩地方南部 渡島地方東部
胆振地方中東部 十勝地方中部 釧路地方中南部
根室地方北部 根室地方中部 青森県三八上北
青森県下北 岩手県沿岸北部 岩手県沿岸南部
岩手県内陸北部 岩手県内陸南部 秋田県沿岸北部
秋田県沿岸南部 秋田県内陸南部 山形県庄内
山形県村山 山形県置賜 福島県浜通り
福島県会津 茨城県北部 茨城県南部
群馬県北部 群馬県南部 埼玉県北部
埼玉県南部 千葉県北東部 千葉県北西部
千葉県南部 東京都23区 神奈川県東部
神奈川県西部 山梨県中・西部 長野県中部
静岡県伊豆


【PR】
津波シェルター「ヒカリ」
家が倒壊しても潰れない強さ。水に浮き津波から避難OK。大人4人用で値段は50万円。
耐荷重強度は家庭用シェルターとして世界最高の「22トン」を誇る高性能シェルター。
 
 





posted by fundtarou at 04:11 | 地震や津波、防災シェルターの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月08日

[気になる話題]南海トラフ地震、地震シェルター、津波シェルターの話



今日はいつものブラジリアンワックスではなく、地震や津波、防災のお話です。
最近大きな地震も多く、気になっています。。

・南海トラフ地震の恐怖
2012年8月に内閣府が発表した、南海トラフ地震の被害予想は大変な反響を呼びました。
政府が発表した被害規模は、2011年3月の東日本大震災をはるかに上回るものでした。
経済損失は被害額200兆円(東日本大震災の10倍)、死者は30万人(東日本大震災の20倍)というのが最悪のケースでの想定です。
このような甚大な被害になる理由は、人口密集地である関東から東海、近畿が被災地域になるからです。
また、特徴として、死者30万人のうち70%が津波による死亡という予想です。
高さ20メートルを超える津波が8都道府県におよび、津波による浸水面積は東京都の半分にあたる1000平方キロメートルにも達するそうです。
大地震において最も恐れるべきは津波なのです。(もちろん家屋倒壊もとても危険ですが)
※南海トラフとは、四国の南の海底にある水深3000メートル以上の深い溝(トラフ)のことをいいます。
南海トラフは地震活動が非常に活発で、このために日本の太平洋側は世界でも有数の地震発生帯となっています。
南海トラフ北端部は静岡県の駿河湾にあり、別名駿河トラフとも呼ばれています。

・移動式シェルター
そのような中、家庭における防災設備の方法に、大きな変化が起きています。
「移動式シェルター」という家庭用防災設備シェルターが普及し始めているのです。
以前は、大地震に備えた家屋の防災設備は、
「家屋に強固な耐震構造工事、耐震工事をする」
「一戸建ての家であれば、地下に地下シェルターを建設する」
というものでしたが、これらはほとんど普及していないというのが実態です。
理由は簡単ですがコストが高すぎるためです。最低でも数百万、高いものは数千万円の導入コストがかかります。
そして、もし地震の被害で家屋が倒壊したり、津波の被害を被った場合、その家屋は瓦礫となってしまいますから、完全に無駄になります。
そこで考え出されたのが「移動式シェルター」です。
移動式シェルターはその名前の通り、家屋に据えつけたり固定するのではなく、家屋内や庭に「ただ置く」だけのシェルターです。
直径1〜1.5メートルほどの球形をしていることが多く、大人4〜6人がその中に避難することができます。
FRPという、金属より強くしかも軽い材質でできていて、家全体が倒壊してきたりしても中にいる人の安全を守れるほどの耐久力があります。
また、シェルターは密閉性が強く、シェルターに避難してドアを内側から閉めれば、津波の浸水の被害から逃れることができます。
さらにシェルターは軽いので人が乗り込んでも水に浮くので、津波にのみこまれても水の流れにのって流れていきますので、
救助される可能性が高まるわけです。
移動式シェルターはコストも魅力的です。高いものでも100万円以下。50万円前後の商品が多いです。
FRPは数十年は腐食しないといわれる素材ですので、メンテナンス費用も安価です。
もちろん、転居や、家屋が地震被害で倒壊したとしても、移動式シェルターは移動が可能ですから、無駄にはなりません。
地震や津波用の移動式防災シェルターは、こういった理由で人気が高まっています。


・防災シェルター ノア
移動式防災シェルターで最も有名な商品は「防災シェルター ノア」ではないでしょうか。
ノアは株式会社NCPという会社が販売元となっているようで、代理店がいくつもあるようです。
2011年に発売されたノアは、新聞(読売新聞・日経産業新聞・リフォーム産業新聞など)や
雑誌(住宅ジャーナル/日経トレンディなど)、TV(ワールドビジネスサテライト等)マスコミに多数掲載され、一躍有名になりました。
黄色い球形のシェルターです。
球体は強度に優れ、強い衝撃にも耐えられ、障害物を避ける特性を持ち、強化プラスチック(FRP)真空成型という工法で作られているようです。
小型4名タイプΦ1200(組立式)が535000円、小型6名タイプΦ1500(組立式)が711900円だそうです。
メディアにも多数掲載され、多くの利用者がいるようですが、最近は気になる記事が週刊誌にも載っています。
2013年02月16日のフライデーでは、被害10億円!(震災商法の闇)「津波シェルター(ノア)」の水漏れトラブル、という記事が掲載されました。
記事によると、
「庭に置いておいたら、中に雨水がたまっていた」(購入した客)
「北海道の自治体が実験で海に浮かべたところ、みるみるうちに沈んでしまった」(千葉県で販売代理店を営む男性)
といったトラブルがあるようです。
また、商品以外の部分でも、部品発注先企業に代金を払っていなかったり、出資者に資金を返還していないなど、
そのようなトラブルの可能性があるかのような記事が掲載されていました。
高額の商品ですので、購入する際には、商品性能だけでなく、製造元や販売元の企業に問題がないかも調べたほうがよいのかもしれません。


・地震/津波シェルターHIKARi(ヒカリ)
今年発売された、新しい防災シェルターがあります。
光レジン工業という、FRP業界で40年以上の長い歴史がある企業が製造、販売するHIKARi(ヒカリ)というシェルターです。
外見はノアと似ています。ノアの製造でも部品の一部は光レジンが製造していたようです。
直径120センチ、重さ80キロ、大人4人が避難できるという点もノアによく似ています。
価格は525000円とのことです。
特徴は、製造から販売までこの光レジン工業で一貫して行っていること。ノアの場合は製造や販売を多くの会社が行っています。
耐荷重圧15トンとあります。上からの圧力に対して耐久力があるようです。
加工技術が、従来のハンドレイアップ方式ではなく、「L−RTM工法」という新技術で作られているとパンフレットには書いてあります。
またパンフレットによると「内部スイング機能」という機能があります。
内部スイング機能とは、シェルターの中に柱があり、この柱を中にいる人が操作することで、シェルターの向きを調整できる機能らしいです。
ホームページやブログで商品の説明や実験動画が紹介されていました。
津波シェルターHIKARi(ヒカリ)ホームページ
地震シェルターHIKARi(ヒカリ)ブログ

タグ:津波 地震




posted by fundtarou at 00:46 | 地震や津波、防災シェルターの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。